FC2ブログ

真木よう子

ここでは、真木よう子 に関する情報を紹介しています。
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
真木よう子/週刊真木よう子 DVD-BOX
“主演・真木よう子”を共通テーマに、異なる脚本家と演出家による異なるストーリーが繰り出されていく、テレビ東京系オムニバス・ドラマ。ラヴ・ストーリーやコメディ、ホラーに至るまでヴァラエティ豊かな内容だ。


フジテレビ系ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』などでブレークした女優・真木よう子(26)が15日、今月11日に入籍したことを所属事務所を通じて発表した。妊娠中で来年初夏に出産予定といい、「今、素直にうれしいです。これからも今まで通り、自分らしく生きていけたら」とファクスで妻、母となる喜びのコメントを寄せた。
真木よう子は、昨年放送のドラマ『SP』の女性警護官役でブレーク。美貌、スタイルともに完ぺきな上、激しいアクションが話題となり全国区に。今年4月にはテレビ東京系『週間 真木よう子』で主婦、キャバクラ嬢、薬物中毒者を演じ分ける芸達者ぶりをアピール。セクシー&クールな存在感で男性を中心に支持を得てきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081116-00000039-sanspo-ent

真木よう子/週刊真木よう子:ねぎぼうず
東京郊外に住む人妻・よう子は買い物を終えてスーパーを出たところで見知らぬ男に声をかけられる。男は探偵で、人に頼まれてよう子のことを探していたというが…。


真木よう子/週刊真木よう子:スノウブラインド
青空とのコントラストが鮮やかな一面の銀世界をハルユキは膝まで雪に埋もれながら下校していると、風景とあまりに不似合いな狐の毛皮のコートを着た女が雪の中で跪いていた。女は雪の中に落し物をしたという…。




真木よう子/週刊真木よう子:おんな任侠筋子肌
よう子はヤクザの組長・後藤田の情婦である。後藤田を愛していたよう子は、彼のためなら怖い事など何もなく、何でも出来る自信があった。実際後藤田の警護役として刺客と渡り合うこともしばしばだった。ある日よう子は後藤田の命により敵対する組の幹部を襲撃したのだが…。


真木よう子/週刊真木よう子:中野の友人
人生負けっぱなしの男・岡田は二度目の国家公務員中級職試験に落ちてバイトの日々を過ごしている。そんな岡田が熱中しているのが中野のゲームセンターにあるピンボール台だ。あまり人がやらない台でハイスコアを出すことが岡田の密かな誇りであった。ある日バイト先でレジの金を横領した疑いをかけられた帰りにゲームセンターに立ち寄ると、例のピンボール台に先客がいて…。




真木よう子/週刊真木よう子:トラ・トラ・トラ
20代も後半を迎えた4人の女たち。今日もアフターファイブにそれぞれスポーツをして体を鍛えた後、集まってくる。向かった先は岩盤浴。その後はお決まりの居酒屋である。女4人のおしゃべりはとどまるところを知らず…。


真木よう子/週刊真木よう子:景色のキレイなトコに行こう
強い「逃げられ運」を持つ陽子は繁華街の道端に座り込み行き交う人々を眺めていた。目の前を通り過ぎようとしている中年のカップルの前にひとりのくたびれた中年男が立ちはだかり、おもむろに包丁を取り出してカップルの女性の胸に突き刺した。中年カップルは不倫カップルで、夫が不倫している妻を刺したのだった。包丁を持ったまま逃げる夫を何故か陽子が追いかけるのだが…。




真木よう子/週刊真木よう子:立川ドライブ
よう子はキャバレーのホステス。よう子に惚れた客の松田は警察官である。店に足しげく通っているのだが、よう子との関係は客とホステス以上のものではない。ある日パトロールをしていた松田はアパートから出てくる昼間のよう子を見かける…。


真木よう子/週刊真木よう子:恋泥棒ヨーコ
クラシックな喫茶店にウエイトレスとして働くヨーコ。ヨーコは一見普通のウエイトレスだが実はそれは世を忍ぶ仮の姿。ヨーコの本当の姿は「泥棒」なのである。それもただの金品を盗むのが目的の泥棒ではなく…。




真木よう子/週刊真木よう子:蝶々のままで
経理の仕事が唯一の取り柄の地味なよう子。やっとできた彼氏には散々貢がされ、貯金を使い果たした挙句に会社の金を横領してしまう。絶望と恐怖を憶えたよう子は会社を辞め、整形する決意をする。手術後、鏡に映っていたのは美しく変貌した自分の顔だった…。


真木よう子/週刊真木よう子:ひなかの金魚
よう子の部屋から同棲中の彼氏・健二が出て行くという。部屋を出て、会社も辞めて、全てゼロに戻すのだという。アパートの部屋から自分のものを持って出た健二に、よう子は忘れ物があると電話をした。それは漫画家をしているよう子へ、独りの時間が寂しいだろうと健二が買ってきた金魚だった。健二は金魚を取りに部屋に戻るのだが…。




真木よう子/週刊真木よう子:魔女がアタシを
ある朝、車で人をはねてしまった渉と真澄。車を降りて見てみると、それは渉の祖母・タエだった。後日突然訪ねてきた渉に、車椅子のタエの世話を強引に押し付けられた真澄。文句ばかり言う仏頂面のタエとの気まずい生活が始まった…。


真木よう子/週刊真木よう子:チー子とカモメ
とあるスーパーでチー子は万引きをする。があっさり見つかり、間一髪のところを昔働いていたキャバレーの先輩・カモメに助けられる。聞けば二人は同時期に愛人を解雇されたとのこと。チー子はどうしても納得できずに愛人クワタに会いに行くと言う。そこから二人の奇妙な旅がはじまる事に…。




真木よう子/週刊真木よう子公式本
テレビ東京系で放送されたドラマ『週刊真木よう子』のオフィシャルブック。全話の詳細な解説、および大根仁をはじめとするさまざまなクリエイターのインタビューを通じ、また撮りおろし写真と番組のカットをたっぷり使用して、真木よう子の魅力に迫る1冊。

     
真木よう子/週刊真木よう子 DVD-BOX
“主演・真木よう子”を共通テーマに、異なる脚本家と演出家による異なるストーリーが繰り出されていく、テレビ東京系オムニバス・ドラマ。ラヴ・ストーリーやコメディ、ホラーに至るまでヴァラエティ豊かな内容だ。


スポーツ報知の取材で11日に結婚していたことが明らかになった女優の真木よう子(26)が15日、マスコミ各社にFAXを送付し、26歳の会社員Aさんとの結婚と妊娠を正式に発表した。
真木よう子は現在、妊娠3か月。「突然のご報告で恐縮ですが、私、真木よう子は、この度11月11日に入籍いたしました。そして新しい命を授かることもできました。今、素直に嬉しいです。これからも今まで通り、自分らしく生きて行けたらと思います。これからもよろしくお願いします」と直筆のサインとともに喜びの心境をつづった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000187-sph-ent

真木よう子/ベロニカは死ぬことにした
真木よう子が女性のエロスを熱演!! 人生に絶望し自ら自殺を図った主人公が、サナトリウムの患者たちの生き方に触れながら本当の自分を見つけ、人を愛することを知る。しかし、彼女の命はあと7日と宣告され…。

     
     
真木よう子/週刊真木よう子 DVD-BOX
“主演・真木よう子”を共通テーマに、異なる脚本家と演出家による異なるストーリーが繰り出されていく、テレビ東京系オムニバス・ドラマ。ラヴ・ストーリーやコメディ、ホラーに至るまでヴァラエティ豊かな内容だ。


巨乳で抜群のプロポーションを誇る女優の真木よう子(26)が、一般人男性と結婚していたことを15日、所属事務所が発表した。すでに、妊娠しているという。大安吉日の11日に入籍、来年夏には出産予定で現在妊娠3カ月だが、仕事は続けていく予定。
真木よう子は、仲代達矢主宰の「無名塾」を経て2001年デビュー。昨年、フジテレビ系ドラマ「SP」で、要人を警護する男勝りの紅一点SP役でブレーク。とくにスーツからはち切れそうな90cmのバストで、男性ファンの支持を集め、写真集「月刊 真木よう子」は1週間で完売。ブレーク前の初主演作で、バストトップを披露して自慰シーンを演じた映画「ベロニカは死ぬことにした」も再評価された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000512-sanspo-ent

真木よう子/週刊真木よう子公式本
テレビ東京系で放送されたドラマ『週刊真木よう子』のオフィシャルブック。全話の詳細な解説、および大根仁をはじめとするさまざまなクリエイターのインタビューを通じ、また撮りおろし写真と番組のカットをたっぷり使用して、真木よう子の魅力に迫る1冊。

     
真木よう子/週刊真木よう子 DVD-BOX
“主演・真木よう子”を共通テーマに、異なる脚本家と演出家による異なるストーリーが繰り出されていく、テレビ東京系オムニバス・ドラマ。ラヴ・ストーリーやコメディ、ホラーに至るまでヴァラエティ豊かな内容だ。


女優の真木よう子(26)が、今月11日に一般男性と入籍していたことが15日、分かった。所属事務所がファクスで発表した。真木よう子は現在妊娠しており、来年夏に出産予定だが、当面は体調を見ながら仕事を続けて行く予定という。
真木よう子は「新しい命を授かることもできました。今、素直に嬉しいです。これからも今まで通り、自分らしく生きて行けたらと思います」と喜びのコメントを寄せた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000552-san-ent

真木よう子/週刊真木よう子:蝶々のままで
経理の仕事が唯一の取り柄の地味なよう子。やっとできた彼氏には散々貢がされ、貯金を使い果たした挙句に会社の金を横領してしまう。絶望と恐怖を憶えたよう子は会社を辞め、整形する決意をする。手術後、鏡に映っていたのは美しく変貌した自分の顔だった…。


真木よう子/週刊真木よう子:ひなかの金魚
よう子の部屋から同棲中の彼氏・健二が出て行くという。部屋を出て、会社も辞めて、全てゼロに戻すのだという。アパートの部屋から自分のものを持って出た健二に、よう子は忘れ物があると電話をした。それは漫画家をしているよう子へ、独りの時間が寂しいだろうと健二が買ってきた金魚だった。健二は金魚を取りに部屋に戻るのだが…。




真木よう子/週刊真木よう子:魔女がアタシを
ある朝、車で人をはねてしまった渉と真澄。車を降りて見てみると、それは渉の祖母・タエだった。後日突然訪ねてきた渉に、車椅子のタエの世話を強引に押し付けられた真澄。文句ばかり言う仏頂面のタエとの気まずい生活が始まった…。


真木よう子/週刊真木よう子:チー子とカモメ
とあるスーパーでチー子は万引きをする。があっさり見つかり、間一髪のところを昔働いていたキャバレーの先輩・カモメに助けられる。聞けば二人は同時期に愛人を解雇されたとのこと。チー子はどうしても納得できずに愛人クワタに会いに行くと言う。そこから二人の奇妙な旅がはじまる事に…。


     
真木よう子/週刊真木よう子 DVD-BOX
“主演・真木よう子”を共通テーマに、異なる脚本家と演出家による異なるストーリーが繰り出されていく、テレビ東京系オムニバス・ドラマ。ラヴ・ストーリーやコメディ、ホラーに至るまでヴァラエティ豊かな内容だ。


女優の真木よう子(26)が、今月11日に結婚したことが分かった。相手は一般の男性。15日に所属事務所が明らかにした。真木よう子は妊娠中で、来年初夏に出産予定だという。
真木よう子は、ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)や映画『ゆれる』などに出演。結婚後も女優活動は続ける。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000038-yom-ent

真木よう子/週刊真木よう子:トラ・トラ・トラ
20代も後半を迎えた4人の女たち。今日もアフターファイブにそれぞれスポーツをして体を鍛えた後、集まってくる。向かった先は岩盤浴。その後はお決まりの居酒屋である。女4人のおしゃべりはとどまるところを知らず…。


真木よう子/週刊真木よう子:景色のキレイなトコに行こう
強い「逃げられ運」を持つ陽子は繁華街の道端に座り込み行き交う人々を眺めていた。目の前を通り過ぎようとしている中年のカップルの前にひとりのくたびれた中年男が立ちはだかり、おもむろに包丁を取り出してカップルの女性の胸に突き刺した。中年カップルは不倫カップルで、夫が不倫している妻を刺したのだった。包丁を持ったまま逃げる夫を何故か陽子が追いかけるのだが…。




真木よう子/週刊真木よう子:立川ドライブ
よう子はキャバレーのホステス。よう子に惚れた客の松田は警察官である。店に足しげく通っているのだが、よう子との関係は客とホステス以上のものではない。ある日パトロールをしていた松田はアパートから出てくる昼間のよう子を見かける…。


真木よう子/週刊真木よう子:恋泥棒ヨーコ
クラシックな喫茶店にウエイトレスとして働くヨーコ。ヨーコは一見普通のウエイトレスだが実はそれは世を忍ぶ仮の姿。ヨーコの本当の姿は「泥棒」なのである。それもただの金品を盗むのが目的の泥棒ではなく…。


     
真木よう子/週刊真木よう子 DVD-BOX
“主演・真木よう子”を共通テーマに、異なる脚本家と演出家による異なるストーリーが繰り出されていく、テレビ東京系オムニバス・ドラマ。ラヴ・ストーリーやコメディ、ホラーに至るまでヴァラエティ豊かな内容だ。


女優の真木よう子(26)が結婚することが15日、所属事務所から発表された。11日に婚姻届を提出しており、来年初夏に出産予定という。相手は一般人の男性。当面は体調を考慮しながら仕事をし、出産後も女優を続けるという。
真木よう子は「新しい命を授かることができました。今、素直にうれしいです。これからも今まで通り、自分らしく生きていけたらと思います」とコメントしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000012-maiall-ent

真木よう子/週刊真木よう子:ねぎぼうず
東京郊外に住む人妻・よう子は買い物を終えてスーパーを出たところで見知らぬ男に声をかけられる。男は探偵で、人に頼まれてよう子のことを探していたというが…。


真木よう子/週刊真木よう子:スノウブラインド
青空とのコントラストが鮮やかな一面の銀世界をハルユキは膝まで雪に埋もれながら下校していると、風景とあまりに不似合いな狐の毛皮のコートを着た女が雪の中で跪いていた。女は雪の中に落し物をしたという…。




真木よう子/週刊真木よう子:おんな任侠筋子肌
よう子はヤクザの組長・後藤田の情婦である。後藤田を愛していたよう子は、彼のためなら怖い事など何もなく、何でも出来る自信があった。実際後藤田の警護役として刺客と渡り合うこともしばしばだった。ある日よう子は後藤田の命により敵対する組の幹部を襲撃したのだが…。


真木よう子/週刊真木よう子:中野の友人
人生負けっぱなしの男・岡田は二度目の国家公務員中級職試験に落ちてバイトの日々を過ごしている。そんな岡田が熱中しているのが中野のゲームセンターにあるピンボール台だ。あまり人がやらない台でハイスコアを出すことが岡田の密かな誇りであった。ある日バイト先でレジの金を横領した疑いをかけられた帰りにゲームセンターに立ち寄ると、例のピンボール台に先客がいて…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。